<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 永江 朗, アトリエ・ワン『狭くて小さいたのしい家』 | main | 川上 弘美『此処彼処』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.02.02 Thursday  | - | - | - | 

高山 なおみ『日々ごはん』<1>

日々ごはん〈1〉
日々ごはん〈1〉
高山 なおみ
~風が吹いて 雲が流れて 台所からは夕ごはんのいい匂い 吉祥寺にあったレストラン「Kuu~~ Kuu」のシェフを務めながら、テレビの取材カメラに追われ、雑誌のレシピ作りに夜なべする。スタッフのよき「お姉さん」として人生相談にのったり、本に涙して目をはらしたりしながらも、淡々と過ぎていく日々・・・。ささやかな出来事をていねいに拾い集めた、人気料理家・高山なおみさんの日常。もちろん「おまけレシピ」もついてます。~

気楽に読めるので、楽しかった。
料理家は、やはり、自宅でもちゃんと、美味しそうな料理を作っているのね…と妙に感心してしまいました。

よく読書をされているようで、いろいろ本が出てきたのも楽しめました。
川上弘美『センセイの鞄』以前の作風についての見解が、なかなか面白く、私も同感するところがありました。

本の最後の方に、「このころ読んでいた、おすすめの本」というページがあります。
穂村弘の『世界音痴』を読んでいたはずなのに、選ばれていませんでした〜
高山さん好みじゃなかったのね。
2006.06.28 Wednesday 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 本・・・エッセイ・ノンフィクション | 

スポンサーサイト

2012.02.02 Thursday 07:51 | - | - | - |