<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 川上 弘美『此処彼処』 | main | 信太 康代『「ル・クルーゼ」ひとつで。』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.02.02 Thursday  | - | - | - | 

ヘンリ・セシル『メルトン先生の犯罪学演習』

メルトン先生の犯罪学演習
メルトン先生の犯罪学演習
ヘンリ・セシル, 大西 尹明
理論の世界的権威メルトン教授は、母校ケンブリッジ大学で講義を始めることになった。ところがその朝、頭を強打した教授の口をついて出る講義は、いかにして完全犯罪を遂行するかという突拍子もない名講義だった。忽ち、固苦しい法学演習教室は学生の群で超満員! ユーモア法廷推理小説の異色作家ヘンリ・セシルの会心作。

あらすじを読んだ時点で、最後のオチの見当がついた上に、
まさしく、その通りだったんだけど…
だけど、とても楽しい本でした!
先生が聞かせる小咄(?)も面白いよ。(イマイチのもあったけど。)
2006.07.03 Monday 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 本・・・翻訳もの | 

スポンサーサイト

2012.02.02 Thursday 14:09 | - | - | - |