<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 読書メーター | main | 2月読了本。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.02.02 Thursday  | - | - | - | 

1月に読んだ本。

1月に読んだ本。
今回も、読書メーターより。
http://book.akahoshitakuya.com/u/6920

1月の読書メーター読んだ本の数:12冊読んだページ数:3117ページビロウな話で恐縮です日記ビロウな話で恐縮です日記笑った、笑った!脚注が、また面白かった。後半にいくほど、減っていったけど。読了日:01月31日 著者:三浦 しをん
ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩噂通り(?)、以前のガリレオ物と違って、ドラマのイメージっぽい。読了日:01月30日 著者:東野 圭吾
聖女の救済聖女の救済タイトルの意味が分かったことが満足。トリックも面白かった。でも、被害者が、なぜ、あんなに偏った考え、実に不愉快な人間なのか、人間になったのかも、もう少し、描いて欲しかったかも。まあ、あくまでも謎解きが重要だから、仕方がないんだろうけど。読了日:01月28日 著者:東野 圭吾
狂気な作家のつくり方狂気な作家のつくり方面白かった。対談内容は、多岐にわたり、それぞれ面白かったし、興味深かったです。それにしても、川崎の重工業地帯に育つと、平山さんのような体験が出来たのかしら?(笑)最近の犯罪についての考察は、何か起こった後に、専門家たちが、いろいろ理由付けをつけるけど、この二人の考察の方が納得いく気がしました。読了日:01月25日 著者:平山夢明,吉野朔実
ku:nel (クウネル) 2009年 03月号 [雑誌]ku:nel (クウネル) 2009年 03月号 [雑誌]読了日:01月24日 著者:
AERA with Baby (アエラウィズベイビー) 2009年 02月号 [雑誌]AERA with Baby (アエラウィズベイビー) 2009年 02月号 [雑誌]読了日:01月19日 著者:
さよなら英文法! 多読が育てる英語力 (ちくま学芸文庫)さよなら英文法! 多読が育てる英語力 (ちくま学芸文庫)読了日:01月16日 著者:酒井 邦秀
食堂かたつむり食堂かたつむり私の性格が歪んでいるせいかもしれませんが、この小説の良さが分からず。読了日:01月14日 著者:小川 糸
ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋『ナイチンゲールの沈黙』と同時に、こんなことが起こっていたとは。タイプの違う二つの小説ですね。私は、『ナイチンゲールの沈黙』は、苦手だったけど、これは面白かった。それにしても、速水先生、格好良すぎ!映画化になるけど、なるほど、映画向きの作品かも。姫宮の登場が嬉しかった。こうして『螺鈿迷宮』につながるのね。読了日:01月12日 著者:海堂 尊
名探偵のコーヒーのいれ方 コクと深みの名推理1 (ランダムハウス講談社文庫)名探偵のコーヒーのいれ方 コクと深みの名推理1 (ランダムハウス講談社文庫)表紙も可愛いし、挿絵やレシピもいい感じ。コーヒー好きなので、コーヒーが飲みたくなる!でも、ミステリとしてはイマイチかな。こういう小説は、推理よりも余談の部分を楽しむものなんだろうけど、私には、残念ながら楽しめなかった。続編を読もうかどうか、悩み中。買っちゃったんだよね…読了日:01月08日 著者:クレオ・コイル
女は英語でよみがえる女は英語でよみがえる英語のレベルが中級から上級の人を対象にした本であった…。初心者の私が読む本ではなかった。でも、入門、初級の人向けにもアドバイスもあり。多読がいいみたいだな。そして、やはり英語と接触する時間が多くないとダメ。それも、半端な時間ではない。厳しい。やたらと、甘い文句が並んだ英語教材や本が多いけど、この本は、現実の厳しさも書かれていた。読了日:01月03日 著者:安井 京子
アガサ・クリスティー99の謎アガサ・クリスティー99の謎久しぶりに、クリスティが読みたくなった。読了日:01月02日 著者:
読書メーター
JUGEMテーマ:日記・一般


2009.02.10 Tuesday 12:53 | comments(0) | - | - | 

スポンサーサイト

2012.02.02 Thursday 12:53 | - | - | - |